意外な違い!?デリヘルとホテヘルの違いとは?

最近の風俗店と言えばデリバリーヘルス(以下デリヘル)かホテルヘルス(以下ホテヘル)の2種類が多い地域が圧倒的と言われています。 しかしながら、貴方はこの2つにどの様な違いがあるのかご存知でしょうか。実は違いを調べてみると思っていた物とは違うそれぞれの特色や違いがあったのです。

デリヘルでもホテルへ呼べる!

筆者がまず考えていたのは、ホテルヘルスはホテルへ女の子を呼ぶ形態を言い、自宅へ呼ぶのがデリバリーヘルスと言うのだと思っていました。 しかし実態はデリバリーヘルスでもホテルに女の子を呼ぶことが出来るのだというのです。では、ホテルヘルスとは何なのか。わざわざホテルヘルスと呼ぶ必要はあるのでしょうか。 実は、ホテヘルにはあってデリヘルには無い特徴があったのです!それは受付所。 風俗店を利用する方で馴染みがある利用の流れとして、受付所に向かって女の子の写真を選び、ホテルを案内されてそこに写真の女の子がやってくる・・・という流れの風俗を利用した方もいるでしょう。そのパターンは間違いなくホテヘルであると考えられます。 現状、存在するホテヘルのほとんどは受付所が存在するパターンになるようです。案内されるのはホテルのみ、自宅は利用できないという形態ですね。

デリヘルでも自宅へ呼べるとは限らない?

逆にデリヘルとはどの様なシステムが多いのでしょうか。デリヘルではお店のWebページや広告などからお店へ電話をして女の子を頼む電話受付型が基本となっています。風俗を使われる方でしたらお店へ電話をして女の子を確認してコースなどを決め、ホテルへ行くように案内されるか出張先の自宅の住所を聞かれ、料金は女の子へ・・・というパターンの風俗を使われた事があるかと思います。そういうパターンは主にデリヘルであると言われています。 ただ、デリヘルだからといって必ず自宅へも呼ぶことが出来るのかと言われると、そうでもない店舗も最近は増えてきているようです。 例えば、サンキューは受付形態としてはデリヘルの電話受付型となっておりますが、駅前からお電話して頂きプレイする場所はホテルかレンタルルームの店舗が大半となっています。(もちろん自宅出張を行っている店舗もあります) 受付所を無くして経費削減を行い、その分プレイ料金を安くするスタイルを取っているのがサンキューグループですのでデリヘルの電話受付型の形態をとっていますが、案内しているのは基本的にホテルとなっています。 ですので、お店によってはホテルのみでの利用となる場合があります。

デリヘル、ホテヘルの今後について

現在は無店舗型の店舗というのが増加傾向にあります。理由はやっぱり店舗を持たないという事で運営のコストを抑えられる事と、それに伴って運営が容易になる事が挙げられるでしょう。そういう意味では今後は圧倒的にデリヘルの運営形態を取るお店が増加すると考えられますね。 もしかすると、今後はデリヘルとホテヘルの定義も変わってくるかもしれません。現在もそうなりつつありますが、ホテルへ出張できるのがホテヘル、デリバリー形式で自宅へ出張も可能なのがデリヘルという風になるかもしれません。